教育は未来への先行投資


~子ども・保護者・地域・職員が愛し誇りに思う学校をめざして~


 石川庸子


校庭の花々が美しく咲き、新たな希望と期待が膨らむ季節。新郷東小学校に48回目の春が訪れました。
 私は、この度着任いたしました、石川庸子(いしかわようこ)と申します。私にとりまして本校は、十数年前に教諭として在職させていただいた思い出深い学校です。元気いっぱいの東っ子を懐かしく思い出します。令和2年度は、72名の元気な新入生を迎え485名でスタートです。よき伝統に新風を吹き込みながら、新郷東小教育をさらに力強く進めてまいりますのでどうぞよろしくお願いいたします。


 今年度は、学校教育目標「かしこい子・やさしい子・たくましい子」の実現をめざし、以下の6点を学校経営の柱として取り組みます。
(1)確かな学力の向上
(2)主体性にあたたかくかかわる心の育成
(3)最後までやり抜く心と健やかな体の育成
(4)機動的、効率的な学校の組織力の強化(働き方改革を含む)
(5)危機管理の徹底と教育環境の整備
(6)家庭・地域、幼・保・中との積極的な連携による地域と共にある学校づくり


 そして、全教育活動を通して「自ら進んで」をキーワードに子どもたちの主体性をはぐくみます。特に、「あいさつと返事」を大切にします。あいさつは、人生のパスポートです。あいさつをすることで学校の中や地域において人と人との心が結ばれ、よき人生をよりよき社会をと思っております。ぜひ、子どもたちが他者とよりよくかかわって生きていけますよう、私たち大人がよきモデリングになってまいりましょう。
 自ら進んで行動することは、あいさつに限らず様々な場面で共通することです。ぜひ、「できません」ではなく『やってみます』、「わかりません」ではなく『考えてみま』と主体的に行動できるよう、褒めて、認めて、励まして次世代を担う子どもたちを共に育んでまいりましょう。


 職員一同、子どもたちに笑顔があふれ、子どもたちが更なる成長をとげる一年となりますよう「一歩前進!チーム新郷東小!」を合言葉に教育活動を展開してまいります。「学校で学び 家庭でしつけ 地域ではぐくむ新郷東小の子」を連携テーマに進めてまいりたいと存じますので、地域の皆様、保護者の皆様のあたたかなご理解、ご支援をよろしくお願いいたします。